新型コロナウイルス感染症発生に備えた対応について

新型コロナウイルス感染症の現状

本年2月から発生したコロナウイルス感染症はとどまるところを知らず日々感染者の拡大が公表されています。

厚労省などからも「高齢者施設における新型コロナウイルス感染症発生に備えた対応等について」の事務連絡も発出されています。

現状でも介護老人保健施設等がクラスターとなり利用者、介護従事職員に感染が拡大している状況です。

ケアマネジャーも介護従事職員の一人として、利用者の健康状態の変化の有無等に留意しながら業務に当たらなければなりません。

高齢者施設での対応等について

厚生労働省の令和2年6月30日の事務連絡の主な内容は下記のとおりです。

1.感染拡大に向けた取組

〇施設入所に対しては、毎日の検温の実施、食事等の際における体調の確認を行うこと等により、日頃から入所者の健康の状態や変化の有無等に留意すること。

2.感染者等が発生した場合に備えた人材確保

〇高齢者施設において感染者等が発生した場合、感染者である職員は入院若しくは自宅療養又は宿泊療養、濃厚接触者である職員は自宅待機となるが、これにより職員の不足が生じたケースがある。このような場合、勤務体制の変更、同一法人内での職員の確保、都道府県を通じた応援職員派遣、関係団体や近隣施設からの応募等により対応が行われた。

このため、感染対策の観点から職員の確保は重要である。

3.感染者発生時の対応

〇入所者の方々は、高齢者で基礎疾患を有する者も多く、重症化するリスクが高い特性がある。新型コロナウイルス感染が疑われる状況においては、健康状態の変化の有無等に留意が必要である。

感染した場合は、呼吸状態及び症状の変化の確認、パルスオキシメーター等も使用した状態の確認、状況に応じた必要な検査の実施等が必要となるとともに、状態が急変する可能性もある。

〇このため、高齢者施設で、入所者に新型コロナウイルス感染症の感染が判明した場合は、高齢者は原則入院することとなること。

※主な内容を紹介しましたが、詳細は厚生労働省「事務連絡令和2年6月30日付け、高齢者施設における新型コロナウイルス感染症発生に備えた対応等について」をご覧ください。

令和2年ケアマネジャー受験について

このような新型コロナウイル感染症対策の中、本年10月のケアマネジャー試験を受けて資格を取ろうと思っている方・取らなければ業務に支障が出る方が一生懸命受験勉強に取り組んでおられます。

大変な時期の受験勉強に頭が下がります。くれぐれも健康には留意されて、ケアマネジャー試験支援サイトを参考に受験勉強に頑張ってください。

まだまだ新型コロナウイルス感染症の拡大は続くと思われます。現役ケアマネジャーも基本を忘れず業務にあたって下さい。

新人介護支援専門員(ケアマネジャー)ケアマネジメント②

ケアプラン作成前の必須事項

前回アセスメントの重要性を紹介しましたが、ケアマネジメントの順番では、アセスメントの次はケアプラン作成です。ただその前にひとつ、やらなければならないことがあります。

それは居宅介護支援事業所と利用者本人との「契約」と、「居宅の届け出」を行政の介護保険窓口に提出する必要があります。

ケアマネは、他人様の個人情報を取扱う仕事ですから、きちんとした契約事項に則って行わなければなりません。また、全て介護保険から支払われるとはいえ、報酬を頂くのですから、内容をお互いにきちんと理解したうえで契約を結びましょう。

「居宅の届け出」により担当ケアマネと見なされる

「居宅の届け出」の正式名称は、「居宅サービス計画作成依頼届出書」といいます。これは「介護保険を利用するために、居宅サービス計画をつくらせてください」と行政に届け出るための書類なのですが、記載する内容には担当となる居宅介護支援事業所があります。

この届出が行政に受理されることによって、あなた(正確にはあなたが勤務する事業所)は正式に、今回の介護保険サービス利用ケースの担当ケアマネであると行政に見なされることになります。届出の意味合いはこちらの方が重要ですので、一般的に「居宅の届け出」と呼ばれているのです。

この届出が行政に受理されないと、あなたは正式に担当のケアマネになったとは見なされないことになるので、これは利用者との初対面の場である、アセスメントの際にやらなければなりません。

このため、ケアマネはアセスメントが終わったらその足で、この届出を提出するために行政の介護保険担当窓口に出向くことが一般的です。

新人介護支援専門員(ケアマネジャー)ケアマネジメント①

ケアマネジメントの流れを改めて確認しましょう

仕事のつながりを理解するのが大切です。

ケアマネジメントの流れ

アセスメント「相談に来た人と面談して、相手のことをよく知り、生活上の問題や希望を詳しく聞く」

       ↓

プラン作成「相談者の問題を解決し、希望叶えるための計画を立てる

       ↓

サービス担当者会議「問題解決のために協力してくれる専門職の人たちにも計画を見てもらって問題がないか検討し、利用者の了承を得る

       ↓

モニタリング「計画を実行してみて、その後の様子を聞く

       ↓

評価「目標としていた期間が過ぎたら、その結果を踏まえて改めて計画を見直す

※以上がケアマネジメントの流れになります。単純に流れを覚えるだけでなく、1つひとつの作業の意味とお互いの関連性を理解したうえで、次の仕事につなげることが大事になります。

①アセスメントがケアマネジメントの土台になります

ケアプラン作成の材料となる課題と目標を知ることが大事です。

ケアマネジメントでは、アセスメントが最も重要になる。ケアマネジメントの土台になるものです。この作業がケアマネジメントの行う最初の作業という意識をもって行いましょう。

アセスメントの目的を確認する。

1)利用者の生活状況の確認

2)利用者の家族の生活状況の確認

3)介護サービスを利用するに至った問題の確認

4)表面化しているニーズ及び、隠されたニーズや問題の発見

5)利用者の強みの発見、援助の方向性の設定

6)目標の設定

※アセスメントは「課題分析」とも呼ばれています。利用者とご家族の置かれている状況や環境を調査し、双方がどのような生活を希望しているのか聞き取りを行います。

その希望に沿った生活が営めないその理由、つまり生活上のニースや課題を見落とすことがなく拾い上げ、目標につなげるのがアセスメントになります。

課題や目標がケアプラン作成の材料となります。なので、課題分析は見落としなく行うこと大事です。

新人介護支援専門員(ケアマネジャー)心構え⑤

すべては利用者本人とご家族のために

利用者の味方になろう

最後の心得としてあなたにお伝えしたいのは、ケアマネはすべてにおいて”利用者とご家族のために”行動しなくてはいけないということです。

これがケアマネとしてもっとも必要不可欠な心構えだと思います。

介護保険の理念や制度の仕組みは大事です。しかし、時にはそれらが利用者にとって不利になることもあります。

介護保険課の窓口で、ケアマネが行政の担当と意見を戦わせたり、サービス事業所の相談員さんに、必死に受け入れをお願いしたりします。

病院から急に退院を迫られて、「退院後の落ち着き先を確保している最中だから、もうしばらく病院に置いてくれ」と医療相談員さんにお願いすることもあります。

ケアマネが神経をすり減らしてそんなことをやっているのは、すべて利用者本人と、そのご家族を守るためなのです。

制度や行政側の都合、病院の都合、サービス事業者の都合、それらが利用者の都合とうまく合うことばかりではありません。そんな時にケアマネは、利用者の味方にならなければなりません。

利用者をよりよい方向に導こう

しかしときには、利用者の考えや意向に沿うことが、結局、本人やご家族に不利益になるのではないか、という場面に出会うことがあります。

たとへば、本人がサービスを利用したがらないため、ご家族の介護負担が大きくなっていることはよくあります。傍目には、本人のわがままにご家族が振り回されてしまっていることしか見えないようなケースです。

そんな時に本人の性格や趣味や嗜好を探り、そこから本人の意向をよい方向へ導くこともケアマネの技術です。

利用者の意向を知ろう

もっとも重要なのはアセスメントです。利用者やご家族のことを知らなくては、利用者主体で動くにもどう動いたらいいのかわかりません。

アセスメントで利用者とご家族の意向をよく知って、そこから生まれる目標に向かって、ケアマネは動かなければなりません。

望みの実現に向かって努力しよう

利用者のなかには認知症がある人もいます。その程度によっては、意向を聞きたくても聞き出せないことがあります。そんなときにはご家族に利用者本人のことをいろいろ聞いて、本人が望むであろう生活とはどのようなものなのか、探っていかなければなりません。「認知症のために聞き取り不可」ということではいけません。

ケアマネをやっていればいろいろな問題にぶつかりますが、利用者の望む生活を少しでも実現するために、ケアマネは利用者側に立って、ともに進んでいかなければならないのです。

新人介護支援専門員(ケアマネジャー)心構え④

ケアマネは”マネジャー”であることを理解しょう

ケアチームの中でのケアマネの役割

ケアマネは、ケアチームのなかでどういう存在であるべきか、といことについてお話しします。

ケアチームとは、「利用者の理想の生活を実現するために集まった、さまざまな専門職の集団」のことです。よく新人ケアマネさんに、「ケアマネはケアチームのマネジャーであり、プレーヤーではない。マネジャーとしての役割に徹しなさい」と言われます。

これには、いくつかの意味がありますので、以下を読んで理解してください。

ケアチームが最大の力を発揮できるようにしてほしい

ケアマネは相談を受けたり、連絡調整をするのが仕事です。ケアマネが直接、利用者に手を差し伸べてお世話することはありません。利用者のお世話をするのはサービス事業者のスタッフさんなどです。

つまり、ディサービスやヘルパーさんたちがケアチームのプレーヤーなのです。プレーヤーが働きやすいように、ケアマネは裏方として支えるのが役割です。

利用者の情報や希望をサービス事業所に伝えたり、行政に報告や書類の提出をしたり、あちこちと連絡調整をしたり、ケアマネがケアチームのためにやらなければならないことは、たくさんあります。

ケアマネはりようしゃ、そして、サービス事業所のために、裏方としてケアチームを支えるのです。

ケアマネは出すぎてはいけない

先の「ケアマネの心構え③」でも説明しましたが、自身がつくと自分の考えが絶対に正しいと思い込んで、自分本位で物事を進めたがるケアマネがいます。

しかしケアマネの意見は、それが利用者の意向に沿っていることが大前提でなくてはいけません。たしかに「こうすればいいのに・・・」と思えるときはあります。しかし定権を持つのは利用者とご家族です。ケアマネに決定権はありません。このことを忘れないでください。

もし、プレーヤーでないケアマネが前に出すぎて自分本位な意見をいったり、サービス事業所のやり方に口を出したりすると、ケアチームがうまく連携できなくなったり、サービス事業所のスタッフの仕事に影響が出たりします。

ケアマネは一人で問題を抱え込んではいけない

先の「ケアマネの心構え①」でも説明したように、問題を自分一人で抱え込んでしまうケアマネがいます。しかし利用者を守るのはケアマネ一人ではなく、ケアチームのみんなです。

あくまであなたはマネジャーなのです。利用者の問題やトラブルを一人で抱え込まず、関係者に連絡して、今後の対応を”ケアマネ一人ではなく、ケアチーム全体”で考えて対処していきましょう。

新人介護支援専門員(ケアマネジャー)心構え③

ケアマネの基本は「聞くこと」

相手の話を聞きだすのは大切

ある程度経験を積んで自信がつくと、人間はなぜか饞舌になることがあります。自分の知識や経験に自信がつくことで、自分が絶対正しいと思い込んでしまうようです。

相手の話を聞かずに、自分本位な意見を一方的にしゃべるベテランケアマネさんています。これでは相手は悩みや希望を話せません。

ケアマネはたくさん話す必要はありません。聞くことがケアマネの仕事です。ただし黙って聞いているだけではなく、ケアマネがうまく誘導して、相手の悩みや希望をすべて話してもらうことが大切です。

聞き上手になろう

利用者の中には自分たちの生活の急激な変化に戸惑ってしまい。うまく自身や家族の問題を説明できない人もいます。また、遠慮して悩みごとや希望を正直に話してくれない人もいます。

そういときこそ、ケアマネは”聞き上手”になり、利用者の悩みごとや願いを上手に引き出してあげなければなりません。

これは相談業務に当たる者にとって必須の技術といえます。時間がかかっても悩みや希望をすべて話してもらわないことには、ケアプランは立てられませんし、なにより信頼関係を構築することができないのです。

信頼関係は”相互理解”から生まれる

信頼関係は、相互理解のもとに生まれます。信頼関係をつくる第一歩は、あなたのところに相談にみえた人が「このケアマネさんに自分の家族の悩みをすべて伝えられた」と思ってもらえるようにすることなのです。

相談業務の場で感じるのは、利用者が一番ケアマネに求めているのは、高い理念や豊富な知識ではなく、自分たちの苦しい状況を全て受け止めて、相談を聞いてくれる”自分たちの最大の理解者”である、という点です。

ケアマネにとって信頼関係を構築するうえで重要な心構えになります。

新人介護支援専門員(ケアマネジャー)心構え②

まずは身だしなみ

ケアマネはあちらこちらに出かけて、たくさんの人に会う仕事ですら、やっぱり第一印象や見た目は大事です。せっかく利用者のために頑張っても、見た目で損しては悲しいですよね。

ですから、社会人として最低限の身だしなみに気をつけてほしいと思います。では、身だしなみのチェックを行いましょう。

☆★☆身だしなみのチェックポイント☆★☆

  • 社会人らしい髪型か
  • 整髪料などの香りはきつくないか
  • 服にしわや汚れはないか
  • 変に派手だったり、不釣り合いな色の服ではないか
  • ひげのそり残しはなどはないか
  • マニュキュアが派手だったり、ネイルアートなどしていないか
  • 靴はきれいか
  • 化粧が濃すぎないか
  • 香水などきつい香りはつけていないか
  • 派手なアクセサリーつけていないか
  • 介護支援専門員証を首に下げるか、もしくはすぐに取り出せるか

※清潔感のある動きやすい服装がいちばん。利用者本人やご家族にも安心して話してもらえるよう表情も硬くならないように注意しましょう。

基本的な挨拶の仕方を身に付けよう

挨拶は基本中の基本

ケアマネも社会人である以上、きちんとした挨拶ができなければなりません。しかし、変に丁寧になりすぎてもいけません。自然に正しい挨拶ができれば、その後のお付き合いもスムーズにいくものです。では、挨拶、名刺交換、そしで電話対応の仕方を紹介します。

  1. 利用者や宅を訪問した時:まず玄関先で「ごめんください」と声をかけ、返事が聞こえたら「どうもお世話になっています。○○居宅介護支援事業所の○○です」と名乗る。
  2. 玄関の扉を開けるとき:「どうも失礼します」と玄関に入り、「お邪魔させていただきます」といって家に上がる。当然、脱いだ靴はきちんとそろえる。
  3. 部屋での挨拶から着席まで:アセスメントなどで初対面の場合は「このたびはお時間を頂き、ありがとうございます」と挨拶する。挨拶してから「失礼たします」といってから座る。
  4. 初対面のときは名刺交換:アセスメント等のための訪問で初対面の場合は、名刺交換をしてから話を始めること。初対面でない相手の場合は、「お変わりないですか」と確認してからモニタリングに入る。

 

最後に

新人ケアマネジャーとして、この身だしなみの必要性と挨拶の仕方をしっかり理解すれば、今後の業務の中で自然に身についていきますで、安心して取り組んでいきましょう。

 

 

 

新人介護支援専門員(ケアマネジャー)心構え①

1人で問題を抱え込む必要はない

私は基本的に相談に対しては、解決策をそのまま伝えるのではなく「こういう所に相談に行けばいいですよ」と答えることにしています。なぜなら、相談してくる人の多くが、1人で問題を抱え込んでしまうタイプなので、「決してそうではない」と言うことを伝えたいからです。

たしかにケアマネジャーは基本的に1人です。訪問に行くのも、ケアプランをつくるのも、担当者会議を仕切るのも1人です。あらためてケアマネジャーは、1人業務が多いのがわります。

しかし、ケアマネジャーには実は、たくさんの相談窓口が身近にあるのです。私はそのように頼れるところを『ケアマネジャーの相談窓口』と呼んでいます。

私は、この『ケアマネジャーの相談窓口』があることを、悩んでいる新人ケアマネジャーに早く知ってほしいと思っています。

こんなにある『ケアマネジャーの相談窓口』

『ケアマネジャーの相談窓口』は、ケアマネジャーが相談に行ける専門職の人たちをいいます。具体的には、以下のようなところが私の言う『ケアマネジャーの相談窓口』です。

☆☆☆『ケアマネジャーの相談窓口』となる公的機関の例☆☆☆

  1. 地域包括支援センター
  2. 病院の医療連携室
  3. 役所の介護保険担当窓口
  4. 役所の福祉課
  5. 介護保険サービス事業所の相談員
  6. 地域の民生委員

☆☆☆『ケアマネジャーの相談窓口』となる公的機関以外の例☆☆☆

  1. SNSのケアマネジャー関連のコミュニティ
  2. ブログを立ち上げているケアマネジャー
  3. 研修などで知り合ったケアマネジャー

私の他にも、ネットで新人ケアマネジャーの相談を受ける活動をしている人もいます。

顔の広さは、ケアマネジャーの最大の武器です。

たくさん相談に出かけるケアマネジャーほど、スキルアップします。なぜなら、相談を受けた人は外部の人間であるあなたに対して、適当なことはいえないので、間違いない知識が得られるからです。

私は本やネットで勉強するより、こうやって専門職の人たちからいろいろな話を聞く方が勉強になると思っています。

しかも、たくさんの相談に出かけるケアマネジャーさんほど、熱心さが買われて評判もよくなります。そして、たくさん相談に出かけることで、いざという時に相談できる仲間も増えていきます。相談窓口の活用はとても大事だと言うことがわかりますね。

最後に、もし、難しいケースを担当したら、相談するだけでなく、その後の進捗状況なども報告しながら物事を進めていくことで、よりスキルアップにつながりますので心得ておきましょう。

新人ケアマネさんを応援します。

ケアマネジャーになったばかりの時は、「何をしたらいいのかわからない」というケアマネジャーもいらっしゃいますが、わからないことほど不安なものはありませんね。

ケアマネジャーの仕事について、何もわからないまま大きな責任を負うことになるのですから、新人ケアマネジャーは不安な毎日を過ごすことになります。

そんな新人ケアマネジャーが現場で戸惑わないためには、「自分で自分のスケジュールを立てられるようになる」、「外部の人とも、自信をもって仕事ができるようになること」この二つが重要です。

一つ目は自分のスケジュールを立てられるようになることです。ほとんどのケアマネジャーの前職は、介護や医療の現場スタッフで、仕事のスケジュールは全て上の人に決められていた、これは自分でスケジュールを考えなくてもよかったということになります。

しかしケアマネジャーは、自分のスケジュールは自分で決めなければなりません。自分で判断して、自ら動かなければ何も進まないことになります。ところが、新人のケアマネジャーさんは、次に何をしたらいいのか全然わかりません。ですから、戸惑ったり悩んだりするのです。

次に外部の人とも、自信を持って仕事ができるようになることです。これはケアマネジャーだけにではなく、ほとんどの仕事に適用する内容です。

介護施設や病院というところは基本的に、そこに所属しているスタッフだけで動かしています。自分が一緒に働く人は、同じ組織の仲間だけになります。

このように閉鎖的な環境だと、連絡や記録の抜けなど軽微なミスであれば外に出ることはないのです。

ところが、ケアマネジャーがいっしょに仕事をするのは、あなたの勤務先とは別の、外部の人たちばかりになります。小さいミスであっても、やってしまうと、自分自身の信用に関わる大きな問題になってしまうのです。

責任がこれまでとは段違いに重くなるので、経験のない新人ケアマネジャーが重圧に押しつぶされそうになるのは、当然のことになります。

ですから、新人ケアマネジャーはまず、自分で間違いのないスケジュールを立てて、責任をもつということができるようにならなければなりません。

自分でスケジュールを立ててミスなく実行できるようになれば、自信もついてきます。自信がつけば事業所に電話をかけたり、意見を述べたりすることができるようになるのです。新人ケアマネジャーさんの参考になれば幸いです。